クレジットカード審査が甘いところでしかも即日発行できるのは

多くの人は楽天カードをイメージするのではないでしょうか。

よくコマーシャルなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんが思い浮かべるのはどの会社ですか?

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカを作ろうと考えている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなる可能性があるので気をつけてください。

高額な買い物をする際やネットでの買い物など色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって不安なのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社はクレヒスを記録している機関に情報照会をして過去にトラブルを起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

クレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話連絡で在籍確認がきた人ときていない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡の可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の主な特徴としては、スピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、電話が来る可能性が少ないとされています。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は低くなっていると考えられます。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるクレジットカードは便利ですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

信用情報とはどういった情報なのかというと以前借りていたカードローンや奨学金などを滞りなく返済されているかなどのデータです。

そのため、公共料金の支払いなど期限が決まっているものはきっちり払うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

ローンやクレジットカードの申し込み時に重要なことって何かわかりますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

中には職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際にこれらの要素は審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正規雇用なら安定した収入が見込める、収入が不安定でムラのあるアルバイトなのかを見られています。

信用情報は水道料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

機械審査のため、電話が来る可能性が少ないと言われています。

クレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトでは都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申込者が年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報にトラブルが発生していないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客層があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できると書いている人を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行はできません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が引っかかるポイントで多いのが携帯料金の未払いです。

水道やガスが止まる経験を何回かやったことがある人は審査に落ちる可能性が高いです。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?年収という人もいれば、信用情報という人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際にこれらは審査に当たってどんな意味があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入はいくらまで利用できるかや毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が見込める正社員か、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、支払い期日が守られるかを見ています。

クレジットカードについて調べていると時々このような話を聞きます。

それは住宅ローンを組んでいてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行機関で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも個人信用情報機関に情報を記録しているので完全に無関係とは言えません。

住宅ローンを問題なく返済できていれば審査では逆にプラスに判断される場合もあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に通らなかった場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響をもたらすのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際にカードが欲しいために盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に電話確認をされたくない人もいると思います。

ただ、電話が絶対かかってこないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、スピード審査を売り文句にしている会社です。

スピード審査の場合、1日の申し込み数が多くに、人力でチェックすることができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。